ナショナルデモンストレーター★今井優子

写真 (1)今井 優子 IMAI YUUKO

1988年1月12日 小代区秋岡出身
小代の小中学校を卒業後、スキーのメッカ北海道小樽
北照高校へ進学。
大学は立命館へ進み、スキー中心の学生時代を過ごす。

<主な戦績>
中学は県大会2連勝
近畿大会2連勝
高松宮杯総合優勝
高校2年 ジュニアオリンピックSL優勝
FISサザンカップ(ニュージーランド)SL4位
大学3年 学生スプリング大会GS2位

<全日本技術選での戦績>写真 (3)
2011年全日本技術選19位
2012年全日本技術選15位
2013年全日本技術選10位

そして!
2014年全日本技術選12位
デモンストレーター選考会
ナショナルデモンストレーター初認定

おめでとうございます♪♪♪
小躍りしてます。

写真-(4)

 

今回私が、このブログになぜ彼女を最初に紹介させていただいたか・・。

ソチ五輪があったから。。(笑 というのもあるのですが、実は彼女が小学生で、小代ジュニアに所属していた時代から知っていて、とても可愛かったから・・なんだか親心?なんて差し出がましいですが、でも本当にそれくらい印象深い女の子だったんです。やっぱり当時から『早い!上手い!』と注目を浴びていましたが全国の壁は相当高かったようで彼女のブログを読むと私のようにケセラセラに生きて来た人間には到底想像できない苦労をしてきたのだろうと感じずにはおれません。

彼女にもきっと小代人の粘り強さや勝負強さが備わっていたのだと思います。
これからも、強く、謙虚に、美しく(実際美人ですが滑りも美しいのです)活躍を期待してます。
どうぞ皆様、応援よろしくお願いします♪♪

unnamed unnamed-1

▲MIZUNOの写真撮影(写真左) 全日本技術選手権開催ゲレンデ:白馬八方尾根(写真右)

彼女からメッセージをいただきました。(忙しい中快く応じてくれた優子ちゃんありがとう)

小代で育った小学生、中学生の頃、地元で試合があると、次の日の新聞に小さく結果が載せられていました。
それを見た地元のおじいちゃんおばあちゃんが、会うと必ずおめでとうと言ってくれた事がその頃は凄く嬉しくて、やる気になった事を覚えています。

中学生になると全国大会があり、今までと同じように1位を目標に臨んだ全国大会の最高成績は26位です。全国の壁がこんなに高いんだと思い知らされ、当時は回りにライバルがいなかった事ともっと強くなりたいという気持ちで高校は北海道へ行く事を決めました。
高校は、あまいものではなくて、厳しくて辛い事も沢山あったけど、後押ししてくれた両親や地元の方々の事を考えると弱音がはけませんでした(笑)
どんな辛い事があっても、小代に帰ってきたらみんなが応援してくれて、またやる気になっての繰り返しだったと思います。

大学を卒業してもスキーを続けようと思ったきっかけは、たまたま地元に帰ってきてジュニアの子と滑っていた時、「私も優子ちゃんみたいになりたい」と言ってもらえた事です。もしかしたら、こんな私でも地元の子供達には目標として見てもらえてるのかな、と思うと益々このままじゃダメだと思うようになって、また、スキーが上手くなりたいと思ってる兵庫や、西日本の子供達は誰に教わって、誰を目標にしているのか?とも思うようになりました。

私がスキーを続けて、日本一になる事で、小代の子供達に夢や希望を与えられたらなと思っています。私の小さい頃からの夢はスキーで日本一になる事でした。
今、そんな夢を持ってる子供達がいたら、私が応援してあげたいし、私が頑張る事で希望をもってくれたらなと思ってます!
そして、今でもこうやって前を向いて頑張れるのは、いつも気にかけて応援してくれる地元の方々がいるからです。

趣味が多すぎて暇がない。 刺し子、帆布カバン、英会話に最近は夢中。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*