2022年 武勇田米をよろしくお願いいたします!

田中畜産へお米持って行きました!

こんにちは〜。連日暖かい日が続き道に盛られた除雪の雪もいい感じで溶けはじめています。
今日は、ここ但馬地方を代表するインフルエンサー…
「田中畜産」さんのところへお米を配達にいきました!

youtube登録者数2.7万 インスタのフォロワー数 9,000(ご夫婦累計) ツイッターフォロワー数2.6万。
これは間違いなく1位でしょ!そんな田中畜産、通称「たなちく」さんより「俺たちの武勇田米」のご注文をいただきました!

といってもななななんと・・・ご注文を受けたのは2月22日、「どうなってますか〜」とお電話をいただいたのは3月11日
ギョエー!!!はい・・そうなんです、ネット注文をいただいてから注文メールを確認できておらず2週間も発送していなかったという大大大チョンボをかましていたのです!
普通なら「どーなってんだ(怒)」と怒鳴られてもおかしくない案件を田中夫妻はなんとも大らかに、まるで牛歩のように悠々と待ってくださっていたのです! 本当にさーせんっ! そしてありがとうございます!

早速本日メンバーの茜ちゃんと息子の朔太郎と私で田中畜産へお米を届けに行きました!←1人で行く勇気なし・・
実は以前からたなちくには大変興味があった私と茜ちゃん配達とは言えどるんるん気分でお邪魔しました!
家にうかがったのですが末っ子の男の子が玄関でぶっきらぼうに「お母さんいますか?」「いません・・」「牛舎かな?」「多分・・」と短いやりとり、すんげー可愛い男の子。

牛舎に行くと優しい笑顔で出迎えてくれた奥さんの「あつみさん」@インスタ
ちょっとだけ会釈して言葉少ななご主人の「一馬さん」@インスタ  二人で牛のお世話をされていました。

ドキドキ・・牛のこと、宮城出身で但馬へきて13年たつということ・・聞きたいことが溢れていろいろと聞いてしまいました。物腰がやわらかく、牛を愛する気持ち、丁寧な暮らしぶりが随所に滲みでていて目が本当に綺麗で見とれてしまいました。子供達も牛のいる暮らしが特別ではないのでしょうね、素朴で素直な感じでした。

ほんわかした優しい人柄のあつみさんと茜ちゃん&さくちゃん
この子たちは小代の東垣から子牛のときにやってきたそうです

牛飼いには3つの種類「繁殖農家・・母牛を育て子牛を繁殖させる」「肥育農家・・食用にふさわしい牛さんに育てる」「一貫農家・・子牛から育て出荷(生肉)までを一括して行う」があるそうです。たなちくでは繁殖と肥育を主にされているのですが、あつみさん牛1頭を加工しネット販売もしています。ただし、不定期に販売される貴重なお肉のようでネットに販売されたら数時間で売り切れてしまうそうです・・(涙)

田中畜産のホームページもとってもかっこいいんです。私も我流でこのサイトをつくってはいますがうまく発信や宣伝ができておらずサイトのおかげで米が売れているという現状ではありません。どんなにかっこいいサイトをつくっても、自分の商品に「愛情」「ビジョン」「ワクワク」をどれだけ注げているかがきっとパソコンの向こうにいる購入者は感じとってるんだろうな・・田中畜産のサイトやSNSにはそれが溢れ出ている・・。畜産に興味がなくてもなんか見ていて楽しいってなる。

そんないろんな意味でリスペクトな田中畜産にお邪魔できて色々お話しもできて、今回私の大失態も大成功の第一歩かも?!なんて呑気なことを考えたりしてわくわくがとまりませんでした。なんか武勇田米とたなちくさんのお肉でコラボできたらいいな〜なんて考えながら帰路についたのであります。

牛舎の奥にいた肥育牛はまるまる大きい食肉になる牛さんとのこと、首ってお腹って全体的に規格外れにでかい!但馬牛の特徴はコチっと小柄で大きくするのにだいぶ年月がかかるそうです。奥が深いなぁ。。さくちゃんも但馬牛のように大きくなるんだよ♬

田中畜産のご夫妻・自然体でかっこいい
足と指で握手(笑)一馬さんの一面

田中畜産のサイトを拝見して勝手に想像していたご主人のイメージとは違いとてもシャイ?寡黙?人見知り?な一馬さん最後に朔太郎の足と握手してくれました。とっても優しい笑顔🌸 さくちゃんも笑ってる♬

今日はここに書ききれないほどいろんな気持ちになりました。
言葉にできないこの感情はぜひ田中畜産のサイトを訪れてみてください。食べること生きること、なんかちょっと考えるきっかけになりますよ。

https://tanatiku.com
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆかちんのアバター ゆかちん 企画・広報担当

広報・企画を担当し、サイトの立ち上げと保守、ネット販売の管理者。
趣味は広く浅く、飽きっぽい性格なのがいけません。。

目次
閉じる